割安な株は上がり、割高な株は下がる 割安か割高かをきちんと判断できれば、瞬間的な株価変動はさておき、一定の水準で均衡する

理論株価と乖離の大きい割安株をスクリーニングで発見、特定の銘柄に集中した中長期投資で大きく儲ける過程をつづる

記事一覧
プロフィール

たくみおねえさん

Author: たくみおねえさん

来場者数


Google PageRank Checker

株式投資リンク

たくみおねえさんの記事一覧
みんかぶのポートフォリオ
広告
ランキング
ブログ王株式投資
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価が下げ止まるのはいつか 考えてみました

株価はどこで下げ止まるんだろう

皆さん、お久しぶりです。

年初から相場が暴落しています。

上海総合指数も3000を割り込みました。
2000まで来れば、下げ止まるはずです。
チャートを見ると、2000はきれいな底になっています。

原油価格も急落しています。
最大の消費国が傾いて需要が急減すれば
そのような結果になります。

昨晩 WTIは30ドルを割り込みました。
こちらも20ドルまで落ちれば落ち着くはずです。


ランキング参加中
クリック押しておいてね


理論株価 株式投資 女性投資家 理論株価 株式投資


現在の日本市場の状況を整理してみたんです。

日本のGDPは2015年7-9月期で
名目値 500.7兆円、実質値 529.7兆円。

東証時価総額(一部、二部、JASDAQ)で544.9兆円。

バフェット指数は1.09です。

仮にバフェット指数が0.9まで落ちるとすると
時価総額で94兆円くらい落ちそうです。
割合であと17.3%くらい下げそうです。
日経平均株価では14181円となります。

バフェット指数0.8とすると、12603円です。

過去のバフェット指数の推移は こちら で確認できます。


中国もブラジルもロシアも東南アジア諸国も
長年 ずっと景気好調が続いていました。

そのツケがようやく来た感じです。
単なる景気後退ではないんじゃないかな。

今、相場全体が売られていますが
原油安や円高で恩恵を受ける企業もたくさんあります。
そんな企業まで一緒に売られているんです。

そういう企業に投資をするのはチャンスですが
中国頼み、新興国頼みで業績を維持してきた会社は
業績が突如として悪化します。

まだ市場は明確に選別していないように思うので
早いうちに保有株をチェックして、持っていて大丈夫なのかどうか
しっかりと見極めた方がいいです。







ランキングに参加中しています。
是非ともクリックをお願いしますよ。


バフェット 株式投資 個人投資家

関連記事

THEME:株式投資 | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

株式相場格言

ブログ内の検索


お得情報
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。