割安な株は上がり、割高な株は下がる 割安か割高かをきちんと判断できれば、瞬間的な株価変動はさておき、一定の水準で均衡する

理論株価と乖離の大きい割安株をスクリーニングで発見、特定の銘柄に集中した中長期投資で大きく儲ける過程をつづる

記事一覧
プロフィール

たくみおねえさん

Author: たくみおねえさん

来場者数


Google PageRank Checker

株式投資リンク

たくみおねえさんの記事一覧
みんかぶのポートフォリオ
広告
ランキング
ブログ王株式投資
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場心理は買いと売りでは異なるみたい

買いと売りではエネルギーが違う

行きは良い良い帰りは怖い 上昇相場はゆっくり、下落相場は急激なのは何故か

ニッセイ基礎研究所の記事です。

理論株価 株式投資 女性投資家 理論株価 株式投資

センチメントに関する記事でした。
ちょうど、昨日 気分と期待で株価が上下するから面白い って
記事を書いたばかりで興味がありました。

過去約15年間(1999/2/25~2014/3/24)の日経平均株価の推移を見ると
前営業日に対し上昇した日数は1,880日
下落した日数は1,821日で上昇した日数の方が59日多い。
1999/2/25の日経平均株価は14,470.45円で
2014/3/24の株価14,475.30円とほぼ同じ水準であるから
株価が上下に動いた幅はほぼ同じである。
そのため、日数の多い株価上昇の方がゆっくりと動いたことになる。
この傾向は株式市場に限らず
債券市場や為替市場でも同様の傾向が見られた。

ちょうど昨日センチメント(気分)のことを記事にしていて
あれっ、似ているなって思いました。





この記事では3つの影響を分析していました。

・投資家の心理
・情報に対する影響度の違い
・買いと売りの行動に費やすエネルギーの違い

ポジションを持ったときは、マーケットが怖くなる前に出られるよう
買ったとき以上にエネルギーを費やす必要がある。

たくみおねえさんは、このエネルギーを今回 特に感じました。
買う時(入り口)と売る時(出口)とでは、思いが全然違いますよね。

相場心理に関する有名な本です
良かったら読んでみてください

ゾーン 相場心理学入門



ランキングに参加中です。
是非ともクリックをお願いします。


女性投資家 株式投資 個人投資家

FC2 女性投資家
女性投資家
ブログ王女性投資家

関連記事

THEME:株式投資 | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

COMMENT

No title

そんなデータもあるんですね! 
なんか自分の心の動きのようですわ(笑)

かまぼこさんへ

すっかりセンチメントが良くなってきました
株式市場にも春の訪れを感じます

EDIT COMMENT

非公開コメント

株式相場格言

ブログ内の検索


お得情報
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。