割安な株は上がり、割高な株は下がる 割安か割高かをきちんと判断できれば、瞬間的な株価変動はさておき、一定の水準で均衡する

理論株価と乖離の大きい割安株をスクリーニングで発見、特定の銘柄に集中した中長期投資で大きく儲ける過程をつづる

記事一覧
プロフィール

たくみおねえさん

Author: たくみおねえさん

来場者数


Google PageRank Checker

株式投資リンク

たくみおねえさんの記事一覧
みんかぶのポートフォリオ
広告
ランキング
ブログ王株式投資
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰流動性の行き着く先

金価格上昇の記事を見ました

不気味な金価格の上昇 という記事を見つけました。

ロンドン金相場チャート を見てみると
たしかに金価格が上昇してきています。

理論株価 株式投資 女性投資家 理論株価 株式投資

なぜ金価格に注目するかというとリスクオフに傾くと
金価格が上昇しやすいからですよね。

先のロイターさんの記事にはこんなことが書いてあります。

新興国問題や中国の債務不履行(デフォルト)懸念などが
浮上する中で「安全資産」としての需要も復活してきたとの指摘もあり警戒される。


でもVIX指数を見てみると、まだ それほど悲観的な感じはないですね。

VIX指数のチャート

金価格と日経平均株価の推移を比較してみたのですが
相関はとても低かったです。

金は宝飾品としてだけでなく、工業品としても活用されるので
景気が悪くなると思われると、やや売られやすくなります。
プラチナなどは、もっと顕著に売られます。

「韓国やばい! 誰か助けろ!」 警告を連発するIMF
こんな記事も見かけました。
こちらも気にしておくことが必要なようです。

いろいろなニュースが飛び交い頭が痛いですが
EUの景気は依然としてもたついているし
中国も韓国も、これから悪い状況になることは確実
そして新興国からも資金流出が続いていく状況の中で
どこに過剰流動性のマネーが向かうかといえば
主要国では米国か日本しかないわけです。

米国はテーパリングが控えている状況です。
大幅に量的緩和すると言ってるのは、もはや日本だけです。

世界経済の中で、ひとり元気になりそうな雰囲気を匂わせているので
一旦落ちた後は暴騰する可能性が高いと思っています。

明日、投資家主体別売買動向の記事を書きます。

そして日本経済が世界の希望になる






ランキングに参加中です。
是非ともクリックをお願いします。


女性投資家 株式投資 個人投資家

FC2 女性投資家
女性投資家
ブログ王女性投資家

関連記事

THEME:株式投資 | GENRE:株式・投資・マネー | TAGS:

COMMENT

No title

今日もとっても勉強になりました
中国、韓国、新興国の影響、怖いです
でもやっぱりお金は日本に向かうのかな
気をつけながら、取引しないとですね

かまぼこさんへ

日本株に向かわなければ金に向かうか
先進国の債券に向かうと思います。
リターンを取るためにリスクを取るなら
日本株と考えているはずです。

かまぼこさん銘柄にもいずれ幸が来ると思ってます。
私は今の保有銘柄の換金をゆっくり開始しています。
次の上昇相場では、本命に入れることにします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

株式相場格言

ブログ内の検索


お得情報
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。